東京で板金塗装を依頼するときに押さえておくべき点の解説

東京での板金をお願いする相場は、一言では言い難いです。車のカラーも傷の状態も様々ですから、比較は難しいのです。あえて相場と言うなら、ヘコミが非常に浅くて10cm×10cmほどの損傷、そしてソリッドカラー(メタリックやパールなどが含まれていない原色だけのカラー)、ガラスやランプの取り外しなどがない場合の最低工賃で比較すると、8000円~30000円くらいです。ただし、多くのお店は、実際の状態を見ないことには概算を出せないことも多いので、要相談のところがほとんどです。今は、インターネットで「一括査定サイト」があるので、複数の業者を検索してみましょう。これなら、時間がない忙しい方でも、値段の安い業者を見つけることができます。最低でも5社くらいは見積もりを出してもらい、安い店舗に依頼したいですね。

板金の実際にかかる金額は、かなり高額です

先ほど、10cm×10cmの東京での板金に対しての相場を紹介しましたが、実際に板金をお願いしたい時はもっと大きい面積になることもあります。板金とは、金属の加工でヘコミを叩いたり伸ばしたりして、正常な形にする作業です。車の修理においては、板金だけで済む時は傷がかなり浅い時です。板金はせず塗装だけで済む場合、20000円~30000円と比較的安い値段になるようです。塗装で使うカラーが特殊なものですと、また値段があがるわけです。塗装だけでは済まない場合で、ドアの修理で考えると、板金+塗装では、40000円~50000円を超えるところもあるのです。傷の場所は、値段に大きく関わってきます。ドアやバンパーのヘコミは、修理のために一度パーツを取り外す必要があります。そうなると、ここに作業工賃も発生するわけです。

たくさんの業者がある東京で、板金をお願いするには

東京という大都市には、板金を請け負える業者が数えきれないほどあります。板金の業者だけに限らず、ディーラーもありますし、板金の業者も、チェーン店もあり、個人経営のところもあります。ディーラーにお願いすると、修理はしっかりしています。価格は、少し割高です。なぜなら、外注修理になるため、外注に支払うマージンも加味した金額になります。次に町の板金の業者、修理に関しては個人個人、まちまちの出来上がりですね。腕がある人がいるかどうかです。誰かからの紹介や口コミを調べた上で選ぶことがポイントになります。価格もまちまちです。最後に、チェーン店の板金ですが、修理に関しては、簡易修理、パッと見OKならの修理が多いようです。値段は安いです。とにかく安く終わりたい人にはおすすめですが、出来上がりに関してはノークレームが原則です。たくさん店舗がある東京では、自分の基準に合った業者を選ぶことがポイントです。