タクシーの車内に流れていく音楽は、ほとんどがラジオです。野球シーズンですと野球中継、昼間ですと、昼間の情報番組などであったりします。その放送番組は運転手のお好みなのです。ラジオを聴衆者は非常に減少しているのです。もちろん好んで聞く人もいますが、それよりもカーステレオの設備にして音楽をかけることで、乗車してくれるお客に少しでも気持ちよく乗ってもらうことがいいかもしれません。タクシーの運転手は男性が多く、会話があまりうまくない人も少なくありません。また、乗車するお客も老若男女いろんなお客がいます。会話を好む好まないのを乗ったお客の顔だけで判断するのは無理なのです。会話を好まないお客に話かけることは、逆に不快な気分にさせるだけなのです。そこで一番無難な方法が音楽なのです。カーステレオで音楽を流す。しかも時間帯、乗ってくる乗客で変更するのがいいかと思います。昼間の時間帯、女性が乗ってきたときはクラシック、男性、夜の時間帯でしたらジャズなどを車内で流すのです。そうすることで、乗車してくれるお客を和ませるのです。少しの時間だけになるかもしれませんが、タクシー会社に対するリピーターの増加につながるのです。

ラジオ放送をしているタクシー

タクシーにのると多くが、ラジオを放送しております。日中は情報番組であったり、夜は歌謡曲番組、そして野球シーズンになるとナイター中継を放送しているのです。それは運転手の好みみたいなものなのです。タクシーは乗客が目的地までを乗る乗り物です。いくら運転士が好みだからといってもラジオばかりでは乗車している客はあまり、いい気がしません。そうなると次に乗るときは別の会社にしようかと考えたりするのです。乗ったときの気分はその乗った車にもよりますが、夜でしたら、静かなJAZZなどを流してみると面白いかもしれません。家までの間静かな時間をドライブ感覚で過ごせたらいいでしょうね。ですので、車内で流すのをラジオではなく昼間でしたら、静かなクラシック、夜になったらJAZZなどにしてみるのです。また、スピーカーも車内に備え付けのスピーカーではなくカーステレオにしてみるのもいいかもしれません。お客を乗せるためタクシーとして感ゲルのではなく、お客さんが目的地まで気分よく乗ってもらう乗り物として考えたら、リピーターも増えるのではないでしょうか。ずっと運転する運転手も大変ですが、乗車するお客のことを考えた車内の環境にするのもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*