タクシードライバーに必要な情報源となるラジオ

都道府県、全国津々浦々にローカルラジオの放送局があり、ドライバーに人気のある番組が必ず存在している。北海道の話なのだが、土曜日の朝早くから夕方5時まで生放送で一人のパーソナリティーが司会をしている番組がある。長寿番組でラジオを聞くのはこの番組だけだと言い切る聴取者もいるほどである。タクシードライバーの聴取率も高く、客待ちをしているドライバーすべてがこの番組を聴いていることも珍しくないのだ。番組では聴取者でタクシードライバーたちに向けたクイズなども行い人気のコーナーになっている。アシスタントの女性が客待ちをしているタクシーをランダムに選び番組が決めた合言葉を言えるかどうかなのだが、指名を受けたドライバーのほとんどが合言葉を言えるのであるからどれほど聴取率が高いのかがはっきりとわかる結果なのだ。車を運転する仕事である以上テレビなどを社内で見るわけにはいかない。耳で聞くラジオの音声が彼らにとっては大事な情報媒体になるのである。客が乗車している時には止めていたとしていも一人の時間にスイッチを入れて社内に音声を流し、いろいろな情報を手に入れたり、時にはリラックスしたりする。仕事をする上では欠かせないメディアと言える。

タクシーにラジオは欠かせないもの

タクシーにはラジオは欠かせないものになっています。こうしたラジオを効果的に使用していくことによって、車内はとても賑やかなものになります。長距離の移動という時には、こうしたラジオが沈黙している空間の隙間を埋めてくれるものです。タクシーでの移動には、こうした音楽などは大きな楽しみになるものであり、快適に移動をしていくことを考えても、こうしたものは欠かせないものになっています。逆に消して欲しいと思う時には、運転手さんにその旨を伝えればすぐに消してくれます。タクシーには、必ず搭載されているものであり、運転手さんが快適に仕事をしていくにもベストパートナーであるということが言えるものです。こうした仕組みは多くの車に採用されているものであり、とても大切なものになっています。お客さんを車内で退屈させないためにも、優れているものであるということが言えます。こうした交通機関は多くの人に支持されているものであり、とても重要なものになっています。移動をするのにとても便利なものであり、駅前には多く待機しているということも、利用しやすいポイントであるということが言えます。こうした交通機関はとても大切なものであり、たくさんの人に重宝されています。