首都圏で転向が荒れた日によく見る光景の1つにタクシー待ちの行列があります。行きはバスで駅まで、帰りはタクシーでゆったりと、といった感じで利用している人が多いのですがそれが荒天の日にはどっと増えます。遊園地の乗り物の行列とはいいませんが、少なくとも30分程度待たされるのは普通です。できることなら列に並ぶことなくすぐさま乗車して家路につきたい、みなさんそう考えられるではないでしょうか。そういった悩みに答えてくれるのがラジオタクシーなのです。これはどういったサービスなのでしょうか。一言で言えば事前に情報、乗車場所や携帯電話の番号などをセンターに伝え登録しておき必要になったら呼び寄せるシステムです。これを利用すれば長蛇の列に全く並ぶことなく乗車することが可能です。もちろん料金は通常のものより高いですが、しかし一刻でも速く帰りたい日に少しくらいお金を使っても誰も文句など言いません。以上のようにラジオシステムを利用することで通常数十分から1時間以上待たされる所謂タク待ちをゼロにすることができるこのサービス。もし気になった方はは一度調べてみてください。荒天の日にすぐさま家に帰ることはご家族を安心させる上でも大事なことです。

最近のタクシーから聞こえるラジオについて

タクシーというものは、今も昔もとても多く存在しておりまして、駅前をみておりますと、かなり乗客を待っていたりします。タクシーは、急いでいる人にとりましては、電車を利用する場合よりも、小回りがききますし、ピンポイントで目的地まで行くことができますから、とてもメリットがあると言えます。そして、昔も今も、ラジオが車内から流れているケースが多いわけですが、最近は、普通にラジオが聴こえるものもあるわけですが、さらに進化したものとしては、音が聞こえるのではなく、字幕でニュース等が流れるといったものになります。これは、バス等でも最近よくみかけるものとなっておりますが、文字が流れるスピードもとてもちょうどよく、目で見ることができますので、とても頭に入りやすく良いサービスと言ってよいでしょう。もちろん、音で聞くことが出来るラジオというものも、昔ながらの雰囲気が漂ってきますので、これはこれで、とても良いものと言えます。仕事で忙しく飛び回っているような時に、車内で音楽が流れたり、ちょっとした楽しい番組を聞くことができますと、これはこれで、ちょっと一息つくことができます。ですから、音にしても、字幕にしても、タクシーには欠かせません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*