東京の板金塗装における費用の適正さの判断ポイント

板金工場は大きく分けてディーラー、修理工場、チェーン店と3つに分かれます。それぞれの特徴として、ディーラーはしっかり修理し修理金額が割高です。安心感はありますが修理自体、外注作業になるので古城は数多く存在しています。修理工場は高級店から激安店まであり修理金額や仕上がりは各工場によって違いがあり工場選びが難しいです。チェーン店は簡易補修で予算も安いです。仕上がりにはほとんどノークレームなので後悔することもあります。板金修理とは損傷した部分の部品の交換をせずボディだけを綺麗に修復することです。元通りに直してくれるのが板金修理です。板金では、へこみや膨らみができてしまったボディをあて板などでボディを元の状態に成形します。板金では塗装も同時に行われます。インターネットやお店に直接問い合せたりして情報を得て、自分の条件にあった東京の店舗を探すのが重要です。

東京で板金をしてもらえる工場を探すには

費用は大きさやパーツによって変化してきます。パーツごとの東京での相場です。ドアの修復は4万円程度をみておくことをおすすめです。板金をせず塗装だけですすむ傷なら、2万円~3万円となり比較的安い値段で行っている業社もあります。フロントフェンダーはパーツ単体の面積が狭い部分なので他の部分と比べると安値となります。リアフェンダーはボディと一体型なのでパーツ交換となれば切断して再設置となるので10万円を超える場合もあります。ボンネットは面積が広いので大きなヘコみでない限り5万円程度に収まることが多いです。バンパーは比較的簡単にパーツを交換できるので5万円~8万円程度です。ルーフは大きい面積なので10万円程度になる場合もありますバックドアはガラスまで取り外す必要があり、大きな傷やへこみがない限り板金、塗装などの作業込み8万円前後です。へこみがある場合、板金修理かパーツ交換によって対応できます。

東京で板金をしてもらう相場について

東京で板金をしてもられる場所を選ぶ際、ポイントとして、価格と納期と信頼がある安心感です。どれが欠けても満足できません。価格について修理を依頼する際、わからないまま費用が高額だったり必要以外の場所も修理されていたり修理費用がオーバーしてしまうこともあります。板金の会社を探す際、適正価格を提示しているのかが大切になってきます。料金体系が明確になっているかを見分けていくこともポイントです。修理の箇所や度合いによってどれくらい、費用がかかるかをみることも重要です。納期についてはどれだけ素早く対応してもらえるかが大きな問題です。時間を掛ければ丁寧な修理とは限らず無理な納期をお願いすることで質の低いものになってしまう場合もあります。納期も価格も適正なものが必要です。修理をお願いする際、信頼や安心感も重要です。スタッフの対応や雰囲気も大切になっていきます。