東京の自動車板金塗装の費用の目安が知りたいときに見る解説

自動車をぶつけてへこませてしまったり、こすってキズをつけてしまったりしたときには板金を利用すると修復できる事があります。素人では難しく、プロや専門業者に依頼することがほとんどです。板金とは金属の加工の技術のことで、車の修理の場合はドアやどこかにへこみが出来ている場合は「パーツを分解して裏から叩く」という作業を行います。パーツを外さずに修理できる場合もありますが、この作業は手間がかかるためへこみの修繕は費用が結構高額になります。そして塗装も板金作業の一種です。へこんでしまっている場合は塗装が剥げていることが多いので、形状を戻し、パテなどで整えスプレーなどで塗装します。しかあまりに損傷の激しいものだと費用の面と耐久性を考え板金ではなく、パーツ交換になります。実際に東京で板金を行う場合費用の相場はいくら位になるか次で説明していきます。

東京でドア修繕板金を行う場合の費用相場

東京で車のドアの板金修理を依頼するといくら位が相場なのでしょうか。板金の主な費用はパーツや修繕部位の大きさ、作業の手間によっても変わってきます。結構金額が高額になりやすいドアの修復では大体相場としては4万円程度になっています。へこみはそこまでなく、塗装のみで済む場合は2万円~3万円程度の金額で受けている業者もありますが、これに板金も必要になると5万を超えてきます。損傷があまりにひどい場合はドアを交換してしまう方が安く住む場合もあります。ドアを新品に交換すると10万円以上かかってしまうので、できれば業者に中古の物を探してもらうのが良いでしょう。意外に損傷が多いのがバックドアです。バックドアは部品交換の際にガラスも取り外す必要があるため手間がかかります。板金、塗装込みで8万円ほどが相場で、交換になると10万をゆうに超えてしまうため、よほどひどい損傷でない限り板金修理のほうがおすすめです。

東京でその他の部分を板金修理する場合の相場

東京で板金修理をする場合、ドア以外のパーツの相場はいくら位でしょうか。ボンネットは面積が広いので工賃が高くなりキズによってはパーツ交換のほうが安く済む場合もあります。大きなへこみでない限り5万円位が相場です。フロントフェンダー、バンパーは店舗によって大きく値段が変わりますが、パーツ自体はそんなに大きくないので4万円程度で済みます。リアフェンダーはボディと一体型になっているため、パーツ交換となるとボディから切断する必要があり、かなりの高額になってしまいます。板金でもテールランプやヘッドライトの取外しが必要になり工賃が非常にかさみます。費用としてはおおよそ5万円程度ですがもう少し高めに見積もっておくほうが無難です。板金業者によって得意な車種などもあり、同じ修繕でも金額に非常に差があります。事前にしっかり見積もりを出してもらうと安心です。